トップ

文字サイズ変更
標準
0289-64-2161

上都賀総合病院について

検査科

検査科のご案内

スタッフは常勤の病理医1名、臨床検査技師22名で、採血業務から検体検査、生理学的検査等の臨床検査を主に行っている部署です。また、内視鏡検査にも検査技師が携わっています。近年、診療前検査が増加してきておりそれに対応できるように努力しています。
検査業務だけでなく臨床病理検討会やNST、ICTなど病院内の医療チームへの参加も積極的に行っています。

臨床検査の内容

病気になると血液や尿・便・穿刺液などのいろい   ろな成分が変化します。その量を調べることによって診断、治療のための多くの情報が得られます。人体から採血などで取り出した血液などや、得られた排泄物(尿・便)などを分析したり、また、直接人体に測定機器などを装着し、器官や臓器の機能を調べ、その結果を医師に提供し、病気の診断および治療に用いられる現在の医療にはなくてはならない手段です。こうした検査は、下記のような検査分野に大別されます。

一般検査

尿自動分析装置によって尿中の糖・蛋白・潜血・比重・pH・ウロビリノーゲン等の検査ができます。また尿中有形成分を顕微鏡で見る尿沈査の検査も行います。消化管からの出血の有無を分析する便潜血検査と顕微鏡で見る寄生虫卵検査があります。

血液学検査

赤血球、白血球や血小板の数量などを自動血球分析装置によって測定したり、血液を顕微鏡で観察したりします。また止血検査(血小板が機能しているか)、凝固・線溶検査を行います。

生化学検査、免疫血清検査

血液・尿・穿刺液等を自動分析装置で測定しています。各臓器や組織のほとんどの状態をチェックできる多くの検査項目があり重要な検査です。血糖・蛋白・脂質(中性脂肪・総コレステロール等)・肝機能(GOT(ALT)・GP T(AST)等)・腎機能(BUN・クレアチニン等)・尿酸・などの検査を行います。B型肝炎・C型肝炎・梅毒などの感染症の検査・血液中のホルモン・免疫グロブリンの測定などの検査があります。

微生物学検査

喀痰や便などの検体から病気の原因となる細菌などを探し、発見されたその細菌にどのような薬が有効かどうかなどを調べる検査、インフルエンザ等の検査も行っています。

輸血検査

安全な輸血を実施するために、血液型・不規則抗体・交差適合試験・等の検査を行っています。

病理学検査

外科的手術や内視鏡検査により採取された組織の病変や悪性の有無を診断するための標本を作製する。また尿、喀痰などの検体の中に悪性細胞があるかなどを調べる検査です。

生理学検査

人体に電極などを装着したり測定機器を用い検査します。心電図、脳波、呼吸機能などの検査が含まれます。超音波診断装置等を使用し画像を用いて生体内の病変を調べる検査。
当院では動脈硬化の検査も行っています。

当院検査科ではこれらの検査を行うにあたり多項目自動分析器、血液型分析装置、免疫化学発光分析装置などの導入をしています。また、超音波検査士、細胞検査士、糖尿病療養指導士、消化器内視鏡技師、特定化学物質作業主任者などの認定資格を有する臨床検査技師が多数います。

診断においては、科学的な検査データの裏付けがあってこそ、より正確な診断ができるのです。
医療の進歩と高度化は検査データを抜きには語れません。そのため、日々の機器のメンテナンス、外部および内部の精度管理、データ標準化への取り組みもしています。