ホーム >>  看護部 >> 

看護部概要

上都賀総合病院の方針

病院のミッション

地域社会への貢献

病院のビジョン

「かかりたい」「働きたい」こんな病院 ナンバーワンを目指す

上都賀総合病院看護部の理念

-思いやりと温かさの看護-

地域に信頼され選ばれる病院を目指し、思いやりと温かさを持って患者さん・ご家族の皆さんが医療・看護に参画できるようサポートします。

看護部の方針

Ⅰ.患者さんの立場を尊重し、より良いパートナーシップを築くとともに信頼される病院をめざします。

  1. 看護職員個々のキャリア開発を図り、接遇を強化し高い倫理性を持って行動します。
  2. 医療安全を推進し、安心して療養生活ができるような環境を提供します。
  3. 患者さんが満足できる、思いやりのあるケアサービスを創造し提供します。

Ⅱ.組織強化による患者満足度・職員満足度の向上に努め、病院の健全経営にも積極的に参画します。

  1. ワーク・ライフ・バランスの推進と実現により、看護職の離職防止に努めます。
  2. 専門分野の知識・技術を活かし、病状に応じた質の高い看護を提供します。
  3. 患者さんの思い、考えを尊重し、ニーズに応じた個別的な看護展開を行います。
    集患力向上による病床利用の効果的な運用に努めます。

Ⅲ.他部門との連携、チーム活動へと連動して、在宅復帰支援、地域連携強化を図ります。

  1. 継続看護を提供するため、外来から入院、入院から地域へと連携の強化に努めます。
  2. 一般外来診療および救急患者の受け入れ態勢を整え充実を図り、地域の皆さんがかかりやすい病院をめざします。
  3. 安心して退院ができるよう入院早期から退院支援の充実を図ります。


平成28年度は、以下に重点を置いて学習を深め、実践していきます。

看護の質向上・・判断力の強化

看護の原点に戻る

上都賀総合病院看護部委員会

看護体制

看護師配置(入院基本料)

勤務体制

看護方式

院内教育

看護部教育理念

看護部理念に基づき、「思いやりと温かさの看護」の臨床看護実践ができるよう人材を育成する。

看護部教育目標

  1. 専門職業人として個々の看護職の実践能力を高め、根拠に基づいた看護の提供ができる看護職を育成する。
  2. 組織の一員としての役割を自覚して行動できる人材を育成する。
  3. お互いを思いやることができ、看護の対象者を尊重し、心のかよう看護ができる人材を育成する。

教育方法

1.クリニカルラダー

2. 専門分野(現在は1分野)

がん看護コース

3. eラーニング(学研を活用)

キャリアマップ

各部署の新人教育サポート体制

当院では、
新人一人ひとりに対し、複数の実施指導者プリセプター、お姉さん役のエルダーを加えた
何人もの先輩看護師で支え合い、新人を育てていきます。

業務に関する委員会活動

業務委員会 目的

  1. 看護業務が円滑かつ適切に遂行できるように療養環境や看護体制の整備する
  2. 看護の質を保持し標準化を図るため、看護基準・手順を作成改訂する
  3. 質の高い看護を提供に向け専従、専任看護師は役割遂行する
  4. ナース会活動を支援する

看護手順委員会

看護の標準化を目的とし看護業務基準・手順を定期的に改定しています。

リソース委員会

10名の専任・専従看護師を当院の看護資源と位置づけて組織しています。
専任専従看護師は、それぞれの分野においてナース会のサポートやスタッフ指導など
組織横断的な活動を実施しています。

看護の質向上委員会

9分野の各ナース会を組織化し、メンバーは各部署の看護職で構成しています。
各メンバーは、年度初めに看護部の目標に向かった各部署における1年間の活動計画を立案し、各々が計画に沿って実践します。具体的な活動は、専門領域の新しい情報を共有しつつ一人ひとりのケアの質を高める手段として意義があり、積極的に活動しています。

1年間の活動は成果をまとめ各ナースが各々の会で発表、そのうち1題を優秀活動として選出し、9名が看護部全体の研修会として報告をします。昨年度は、パスナース会が最優秀活動として表彰しました。

その他

資格取得者

看護研究等 学会発表実績

看護学校実習受け入れ

研修受け入れ


ページの先頭に戻る

関連項目