ホーム >>  看護部 >> 

専従・専任看護師紹介

認定看護師

感染管理専従看護師(認定看護師):古澤 由美子

自分の役割・モットー

院内感染を起こすと在院日数が延長し、患者さん、家族にとって身体的・精神的負担が大きくなります。入院患者さんが院内感染を起こさずに退院することを目指して、常にエビデンスと現場の声を活かした実戦可能な感染対策に心がけ、「感染のリスク低減」に取り組んでいます。

看護部PR

看護部のリンクナース会、ラダーレベル教育において感染対策の知識・技術の実践・指導を担当しています。新入職員の指導はもちろん、中途採用職員の方のフォローもしていますので、しっかりと感染について学びたい方、安心してご就職ください。

緩和ケア専従看護師(緩和ケア認定看護師):出井 絢子

自分の役割・モットー

がんと診断されたときから患者さん・ご家族は身体的、精神的、社会的など様々なつらい体験をすることがあります。そのつらさを少しでも和らげ、「その人らしさ」を保ちながら療養生活が送れるよう、お手伝いさせていただきます。 また、患者さん・ご家族がもともと持っているセルフケア機能の力を高め、支えるケアが提供できるよう、努力していきたいと考えています。

看護部PR

昨年度より看護部では、「質の高いがん看護」が提供できるよう、がん看護専門コースの教育プログラムをスタートしました。がん化学療法看護認定看護師、緩和ケア認定看護師が中心となり、医師や多職種と協力し、看護師の包括的アセスメントが理解できるよう力を入れて取り組んでいます。

がん化学療法看護専任看護師(認定看護師):大橋 亜紀子

自分の役割・モットー

がん化学療法看護専任看護師として、
① 患者さん自身が治療による副作用の対策や予防方法、緩和するための方法、日常生活の工夫などのセルフケアが実践・継続できるよう支援すること。
② 医療者が「安全」に抗がん剤を取り扱い、治療薬が「確実」に投与できるようスタッフへの指導や相談をおこなうこと。
を目標に活動しています。副作用に対するケアの方法や抗がん剤の取り扱いなどで困ったことや不安なことなどありましたら、いつでも相談していただきたいと思います。

看護部PR

がん看護ナース会や緩和ケア専従看護師と協働し、がん看護(がん化学療法看護、緩和ケアなど)を学べるようカリキュラムを組み教育をおこなっています。がん看護に興味や関心のあるかたは一緒に学んでいきましょう。

看護師(集中ケア認定看護師):杉田 冨美子

自分の役割・モットー

平成24年度より呼吸ケア専任看護師として、人工呼吸器からの早期離脱はもちろん、呼吸器疾患を持つ患者さんへエビデンスに則った看護ケアを提供するための実践や指導を行なっています。
常に側にいる私達看護師が行うケアは、生命予後やQOL大きな影響を与えると考えます。呼吸ケアナースチームのメンバーと、「在宅・社会復帰を目標とした最良の看護を提供する」ことをモットーとし活動しています。

看護部PR

急性期看護ケアを実践しながら、知識・技術を習得し、自分の能力を伸ばしたいと考えている熱意のある方、ぜひとも私たちと一緒に、充実した仕事をしましょう!

糖尿病看護専任看護師(認定看護師):近澤 珠聖

自分の役割・モットー

昨年糖尿病センターが開設され、専門医による診療、各コメディカルが連携しあうチーム医療を行っています。私は慢性疾患である糖尿病をお持ちの患者さんへ療養指導やフットケアを行っています。糖尿病は、生涯自己管理をしていく疾患です。患者さんの自己管理を支えるのが私の役割です。糖尿病外来は毎日、毎週木曜日に療養指導外来、フットケア外来は週に1回開設しています。多くの糖尿病患者さんの力になれるよう、より良い支援を心がけています。

看護部PR

看護部には、糖尿病患者さんの療養生活を支援するための糖尿病ケアナース会があります。 糖尿病に強い糖尿病療養指導士の資格を持つ看護師を中心に、糖尿病看護の質の向上、スキルアップに取り組んでいます。

認知症看護専任看護師(認定看護師):坪山 範子

自分の役割・モットー

認知症を持って入院されてくる患者さんは、病院での生活に適応できにくく、治療を受けることすら困難な場合があります。しかし、病気をそのままにしてご自宅へお帰しすることはできません。私は認知症看護認定看護師として、認知症をお持ちの患者さんも安心して治療が受けることができるように病院のスタッフと協力して認知症看護に取り組んでいます。認知症看護は言葉を変えれば「優しさ、思いやりの看護」と言え、まさしく看護の原点であると私は考えます。認知症看護を通して、つらいことが多い現代社会に「優しさ、思いやり、ぬくもり」ということを考え直す機会をいただいているのではないかと思っています。私と一緒に看護の原点を考えてみませんか?

看護部PR

高齢であると入院して一時的に混乱をしてしまう「せん妄状態」を起こしやすくなります。当院にはリエゾンチームがあり、各病棟を専門のスタッフが訪問しています。安心して入院生活を送っていただけるように考えています。また、今年度からは認知症ケアチームも活動をしていきます。どうぞよろしくお願いします。

慢性心不全看護専任看護師(認定看護師):冨山 仁美

自分の役割・モットー

平成27年度より慢性心不全看護専任看護師として活動しており、昨年から心不全チームをもとに疾患管理、栄養管理、退院後の自己管理方法について入院中から外来にかけて心不全の患者さんに介入を行っています。再入院率が高いのが現状ですが、その多くは生活習慣等の自己管理で予防できます。その人らしい人生を送ることができるように、患者さんだけでなく、患者さんのご家族も含めたQOL向上に向けての看護実践を行うことも私の役割です。私たちのチームでは対象の方に心不全手帳を用いて、心不全増悪の早期発見や自己管理方法を習得し継続できるように家族を含めてサポートさせていただいています。

医療安全管理者(リスクマネジャー)

大貫 洋子

自分の役割・モットー

リスクマネージャーの業務は、ヒヤリハット・アクシデントレポート・インシデントレポートの収集、分析を行い、具体的改善策の提案や分析の結果を現場へフィードバックしています。また医療安全関連の委員会・研修会の企画・運営を行い医療安全の普及を図っています。医療安全管理委員会では、全職員を対象とした研修の企画・実施や医療現場でハッとした事象について情報収集を行い、その事象について多職種の医療安全専任によって協議し改善策を検討するなど、再発防止の周知啓発活動を行っています。また、院内における医療事故の発生を未然に防ぎ、患者さんには安心・安全な治療の提供と、職員には安心・安全な医療が提供できる環境作りに努めています。

今年度は、患者さん、ご家族のかたからの情報を密に取る手法として、お薬手帳・メデイネット・ホームページを活用し安全な内服薬管理に向けて取り組んで行きたいと思います。

看護部PR

看護部では新人教育プログラムに医療安全教育を取り入れ、医療の現場をイメージした「正しい与薬方法」などの演習として、正確さを求めつつ楽しい学習を企画・実践しています。

退専従看護師

退院支援専従看護師:飯野 直子

自分の役割・モットー

退院支援専従看護師として患者支援センター(PFM)に勤務しています。私の役割は、「退院支援・調整」と「地域連携」を充実させることです。「退院支援・調整」については、患者さんや家族の方と一緒に退院後の生活のイメージを共有し、さまざまな職種によるチームアプローチを行い安心して退院できるよう支援したいと思います。「地域連携」については、先述した退院支援・調整を行う上で、病院と地域の連携が必須です。そのためにも、地域の医療・福祉機関との連携を強化し、患者さんが病院と地域とを安心して行き来できるシステムを構築できるよう努めたいと思います。

看護部PR

各フロアーに退院支援ナースを配置し、多職種と協力し合いながら、入院決定時からの退院支援・調整に取り組んでいます。看護職も、年々退院支援に関する意識が高くなり、患者さんが住み慣れた地域に帰れるよう、地域の方々と連携を図りながら支援しています。更に今年度は外来においても在宅療養支援の充実を図りたいと思います。医療・看護・介護で何かお困りの際はお気軽に患者支援センター(PFM)にお声をかけてください。

専任看護師

新人支援専任看護師:大関 良子

自分の役割・モットー

新人支援専任看護師として2年目を迎えました。今年度は28名の新人看護職員が入職し、新たなスタートを切りました。当院では、当院独自の目標を掲げ、各部署で目標が達成できるように新人看護職員1人1人に複数の指導者であるプリセプターと、お姉さん役のエルダー、師長、主任が一丸となり熱心に教育にあたっています。集合教育では、看護実践技術の他、院外で行われる目玉研修や同期同士での食事を楽しみながら研修を行うランチョンセミナーが企画されています。また、昨年度よりeラーニングも導入され、多彩で充実した教育となっています。

私の役割は研修の企画運営、新人看護師の看護技術習得の確認や、心身共に元気に看護実践能力を積み重ねていくことができるようサポートすることです。看護職員としての最初の1年間は学校で学んだことを基本として、所属する部署でたくさんのことを覚えなくてはならない大切な時期です。時には悩んだり、落ち込むこともあると思いますが、1人1人が初心を忘れず、看護職員としての成長や喜びを感じられるようなサポートをしていきたいと思います。

看護師PR

看護部全体で新人看護職員の成長を支援しています。ぜひ一緒に働きませんか!

NST専任看護師:植木マサ子、佐藤美雪

自分の役割・モットー

口から食べることを目標に、栄養障害を生じている患者や栄養障害のリスクの高い患者、また、摂食・嚥下機能に問題がある患者に対し、栄養サポートチーム一丸となって取り組んでいます。

ページの先頭に戻る

関連項目